• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

初心者ながら国産オオクワの飼育を中心に書き込んでいきます。 気軽に観覧して下さい(^^)

大型個体に魅せられて♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

飼育経過

20090827103005
イマイチこのブログの使い方が解って無いみたい‥(^^;

さて
経過が経過を呼び、現在100を超える数ですが‥
データ管理しているので少し気付いた盲点を‥しばし書いてみたいと思います。

良く大型固体作出には、5~6月の孵化が一番大型を出し安いと、色んなブログを通して書いてますが‥

これが‥何を意味するのか‥がわかった気がします。

私の場合、3月から孵化させて最終孵化が8/10ですが‥
既に3月からの幼虫達の中には早期羽化固体が出てきています‥
これは温度の調整をしくじった可能性が大と考えています。

通常6月に孵化した場合は7月、8月を2齢幼虫で過ごし孵化から3ヶ月目からは3齢幼虫から成長期に突入しますが、この時期は徐々に四季で云うと温度が低下していく時期になります。

すなわち温度を管理するのにしやすくなる時期だと考えます。
私の場合は、3月に孵化‥
その後4月、5月を2齢で過ごし3齢突入から成長期を6~8月と過ごしてる訳ですが‥この時期から徐々に温度は上昇し‥
成長期に微妙な温度感知に蛹になるスイッチが入ったと考えます。

6月から冷房を24時間体制で25℃設定にして来ましたが‥
常に室内が25℃になっているハズが‥
温度が上昇し28~29℃になってしまった日が出てます。

如何に通常の幼虫期間で大きな幼虫にするか‥が課題ですが‥

この教訓を念頭に置きたいと考えています(^^;


この次は添加剤について書いてみたいと思います。

  1. [ edit ]
  2. 未分類
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

ヤブリン

Author:ヤブリン
国産オオクワを飼育して2014年で4年目突入しました^^
親超えを繰り返し大型目指してブリしています。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。